「時間銀行」という話。(2013年3月23日に書いてた内容)

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ 板宏哉のワクワク倍増計画♪ 2013年3月23日号 Vol.026
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは~(^O^)♪

3月も残り1週間ですね。

どうですか?

あっという間に時間は過ぎていくものです。

■□■□■□■□■□■□■□■□

今日は、「時間銀行」というお話。

■□■□■□■□■□■□■□■□

1日 = 24時間 = 1440分 = 86400秒

私たちは、生まれると同時に、
底のない砂時計を受け取ります。

ひっくり返したとたん、
砂はどんどん落ちていきます。

それが、人生のスタートです。

あなたは、1冊の預金通帳を持っています。

その通帳には、毎朝、銀行から86,400円が振り込まれます。

しかし、

夜には、口座の残高は空っぽになってしまいます。

つまり、

86,400円のうち、あなたがその日に

使いきらなかったお金は、すべて消えてしまうのです。

あなただったらどうしますか?

もちろん、毎日、全額を引き出して使いますよね?

私たちは、ひとりひとりが同じような銀行を持っています。

それは、< 時間 >です。

1日の始まりに、あなたには、86,400秒が与えられます。

1日の終わりに、あなたが使いきれなかった時間は消えてしまいます。

時間は、貯めておくことができません。

時間は、貸し出すことも、あげることもできません。

もし、その日の預金を使いきれなければ、
あなたは大変な損をしたことになります。

時間銀行のお金を使いきれない人は、こんな人です。

「忙しい、忙しい」が口ぐせの人。
「明日やるから」と先のばしにする人。
「あのとき、こうしていれば」と悔やむ人。

時間がないと言う人は、時間の使い方のヘタな人です。

こんな人は、一生、時間と友だちになれないでしょう。

時間の使い方のへたな人は、よく<時間泥棒>になります。

待ち合わせの時間には、必ず遅れてきます。

忙しいときにかぎって、どうでもいい電話をかけてきます。

みんなが待っているのに、もたもた靴ひもを結びます。

もっともたちの悪い時間泥棒は、
不注意による「病気」と「ケガ」です。

重い病気になると、何ヵ月も入院しなくてはなりません。

大きな事故にあうと、一生涯取り返しのつかないことになります。

病気やケガは、忙しいときに発生しがちです。

でも、もしかしたらこれは、「ちょっと休みなさい」という、
メッセージなのかもしれません。

時間は、とても貴重なものです。
私たちは限りある時間を大事にしなくてはなりません。

そのためには、どうすればよいでしょうか?

時間を大切にする方法はとても簡単です。

  明日、死ぬと思って生きなさい。
  永遠に生きると思って学びなさい。

これは、マハトマ・ガンジーの言葉です。

時間を大切にしているのは人間だけではありません。

不思議な木の話をしましょう。
アフリカにある「歩く木」を知っていますか?

この木は、根がタコの足のようになっていて、
光を求めて、1年間で十数センチ動きます。

光の当たるほうに根を伸ばし、
影になったほうの根は腐っていきます。

1時間や1日ごとに観察しても、木は止まって見えますが、
1年という単位で見ると、かなりのスピードで動いています。

この木は植物でありながら、生き残るために、
「歩く」努力をしているのです。

植物でさえも、巧みに時間を利用して生きています。

■□■□■□■□■□■□■□■□

『あなたは、時間を大切にしていますか?』

1年の価値を理解するには、

入学試験に失敗した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、

お腹にあかちゃんのいる母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、

週刊誌の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、

待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、

ちょうど電車を乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、

たった今、事故を避けることができた人に
聞いてみるといいでしょう。

0.1秒の価値を理解するためには、
オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に
聞いてみるといいでしょう。

あらゆる陸上競技の選手と、
あらゆる水上競技の選手が、
たった0.1秒を縮めるために、
何万時間と練習をしています。

この<時間>を、あなたは所有しています。

あなたの持っている時間は、さらに不思議な力を秘めています。

あなたが望めば、何とでも交換できるのです。

朝、あなたは、時間と「ごはんを食べること」を交換しました。
そして、1日の活動に必要な「栄養」を受け取りました。

昼、あなたは、時間と「仕事をすること」を交換しました。
そして、「給料」を手に入れました。

夜、あなたは、時間と「恋人とすごすこと」を交換しました。
そして、「愛情」をもらいました。

あなたは、明日、時の砂を何と交換しますか?

「Time is money.」とよく言いますが、
「Time」のスペルを逆さまに読むと、
「Emit」となります。

「Emit」とは、「お札を発行する」という意味です。
まさに、「時は金なり」なのです。

■□■□■□■□■□■□■□■□

『あなたにとって、時間とは何ですか?』

Time is (   ).

Time is ギフト・
   時間は神さまからの贈り物です。

Time is チャンス・ 
   時間は、あらゆる可能性を秘めています。

Time is アドベンチャー・
   人生はたった一度きりの冒険です。

Time is ギャンブル.
   そんな人生を送っている人もいますね。

Time is ラブ.  
   恋の成就には時間がかかります。

Time is ミラクル.  
   そうそう、時には奇蹟も起こります。

■□■□■□■□■□■□■□■□

時間とは何か?
世界の国々では、こう語っています。

「時はすべてを隠し、また暴く」ドイツ

「梨は熟すと自ら落ちる」イタリア

「神はひとつのドアを閉めても、1,000のドアを開けている」トルコ

「湿っているうちに粘土で作業しなさい」アフリカ

「急いで行こうと思ったら、古い道を行け」タイ

「幸せは去ったあとに光を放つ」イギリス

「涙ほど乾くのが早いものはない」フィンランド

「少年老い易く、学成り難し」中国

■□■□■□■□■□■□■□■□

時計の砂は落ち続けています。

あともどりさせることはできません。

あなたは、「今」を生きなければなりません。

与えられた時間に最大限の投資をしましょう。

そして、最大の健康、幸せ、成功を生み出しましょう。

昨日、あなたの口座には、奇跡的に86,400円が振り込まれました。
 あなたは、何に使いましたか?

今日も、当たり前のように、86,400円が振り込まれました。
 あなたは、何に使いますか?

明日、もし、86,400円が振り込まれなかったとしたら、
 あなたは…… どうしますか……?

しかし、夜には、口座の残高は空っぽになってしまいます。

つまり、86,400円のうち、あなたがその日に
使いきらなかったお金は、すべて消えてしまうのです。

だから、今持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだったら、十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時は誰も待ってくれないことを覚えましょう。

昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は、与えられるものです。

だから、英語では今をプレゼント(=present)と言います。

■□■□■□■□■□■□■□■□

今回の話を書くに当たり
最近聞いた、なるほど!という話。

人生80年だとすると、

27年は睡眠、
14年は仕事(残業抜き)、
3年は通勤、
5年は勉強、
2年は化粧、
2年はトイレ、
8年は食事、
1年は日用品の買物、
8年は病気などで寝たきり、
5年はものごころなし、
足すと75年。。

つまり人生で自由に生きれる期間は5年しかない事実。

しかし、省ける部分を省けば、
36年になる。。

情報をしっかり取るだけで7倍。
560年生きれるぐらいの体感時間。

これが時間持ち。

↑ ↑

これを聞いた時に

「時間持ち」という生き方になれて良かったと思った。

皆さんも一緒に「時間持ち」になりましょう(^^♪

感想などメール待ってます☆
hiroya.ita@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□

人生は30000日の旅である。

昨日という1日も、
今日という1日も、
明日という1日も、
全ては人生という旅の中での1日。

だからさ、 1日1日を、
もっともっと本気で生きて、
もっともっと楽しんでいこう!!

\(^o^)人生一回、楽しんだもん勝ち(^o^)/

You may also like...