これからの世界をつくる仲間たちへ 落合陽一

 

この本はかなりオモシロイ!!!!!

時代がどう変わるのか?

その本質を知るのにめっちゃ勉強なる一冊。

人に読んだほうが良いと言いたくなる本です\(^o^)/

 

 


内容紹介

これから世界がどう変わるのか、教えよう 

著者・落合陽一氏は、28歳という若さにして、世界的にも「社会を変える」と見られている最先端の研究者だ。

2015年には、米the WTNが技術分野の世界的研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・アワード」を受賞する快挙を成し遂げた。
月刊『文藝春秋』(2016年2月号)では「日本を元気にする逸材125人」に選ばれた。
「現代の魔法使い」と称され、「嵐にしやがれ」「サンデー・ジャポン」などメディアにも数多く出演、メディアアーティストとしても活躍している。

落合氏は、コンピュータが人間の生き方に根本的な変革を迫っているという。

世の中のすべてが変わる。

たとえば、これまでのホワイトカラーの仕事は、何もかもコンピュータに持っていかれる。
勉強していくら知識を得ても何の役にも立たない時代になる。

そんな世界で生き抜くためにどうすればいいのか。

落合氏は若者たちに熱く語る。
「魔法をかけられる側になってはいけない。魔法をかける人間になれ」と――。

【編集担当からのおすすめ情報】 
「現代の魔法使い」と呼ばれる落合陽一氏。

「魔法」とは何か。

本書のプロローグには、こう記されています。

<スマホという小さな道具の中で、アプリを使いこなして便利に生きているつもりでも、それは誰かが作った「魔法」の世界を見ているに過ぎないのです。
現金を出さずにモノが買えるのはクレジットカードという「魔法」が作り出した世界で、多くの人は「店舗からクレジット会社が手数料を取って代わりに払う。
消費者はクレジット会社に後払いする」という「魔法のカラクリ」が分かっているでしょうが、スマホやコンピュータの進化で、世の中を動かしている「魔法」の仕組みを理解できず、ただ使っているだけの「魔法をかけられている人」が非常に多くなっています。
モチベーションを持ってコンピュータを下僕のように使う「魔法をかける人」になれるか、あるいは「魔法をかけられている人」のままになるのか。そこに大きな違いが生まれます。>

落合氏は、スマホのアプリや、SNSなどテクノロジーを単に「便利」と思って使っているうちは、「魔法をかけられている人」にすぎないといいます。
それでは、技術を操ることができる人に“奪われる”だけの人生となる。

それが嫌なら、「魔法をかける人」になれと説きます。

落合氏は、そんな近未来の姿を生々しく描き出し、そこで生きるための考え方をしています。

若い人たちにぜひ読んでもらいたい一冊です。
読めば、あなたの人生が確実に変わります。

 

 

●プロローグ 
「魔法をかけられている人」になるか、「魔法をかける人」になるか

テクノロジーによって再生産される格差、超人類、そして貧困/
デジタル計算機が生まれて80年、世界は「魔法」に包まれた/
「魔法化」の功罪/
人工知能と共存して生きていくには/
「映像時代」を生きた親は子供に見当違いの教育を与えている/
「人間がやるべきこと」は何か/
出来の悪いウィキペディアになるな/
コンピュータと人間の違いを考えよう/

●第一章 人はやがてロボットとして生きる?

力ずくでなんとかなるものはすべてコンピュータにやられる/
人でできた並列コンピュータ「クラウドソーシング」/
オリジナル以外の「もどき」はコンピュータに負ける/
人間がコンピュータの「下請け」になる/
「高度なロボット」としての人間/
人でできたロボットタクシー「Uber」/
もはやホワイトカラーは自立的でもかっこよくもない/
大企業に入ると有利なのか/
ホワイトカラーに代わる「クリエイティブ・クラス」とは/
クリエイティブ・クラスに「ロールモデル」は存在しない/
ほか

●第二章 いまを戦うために知るべき「時代性」
近代の「脱魔術化」とは何か/
21世紀は「再魔術化」の時代/
コピーのできない「暗黙知」を自分の中に貯めていく/
「オンリーワン」で「ナンバーワン」になろう/
暗黙知は拡大再生産される/
「5つの問い」を自らに投げかけよう/
日本の1億人ではなく世界の70億人を相手にしよう/
解決したい「小さな問題」を探そう/
みんなが同じ価値を共有しにくい時代に何がウケるか/
いまのコンピュータで何が解決できるかを考えよう/
「デジタル・ネイティヴ」ではなく「デジタル・ネイチャー」を生きる/
プラットフォームを抜け出る「思考体力」を備えよう
思考体力は子供時代から培われる/
「語学力」にとらわれない時代がやってくる/
コミュニケーションは「ロジック」がすべて/
世界は人間が回している/
「ワーク・ライフ・バランス」は時間を切り売りする人の考え方/
「チャンス」がある環境に身を置く重要性/
あなたの「市場価値」が最大化するのはいつか/
ほか

●第三章 「天才」ではない、「変態」だ

「変態」の将来は明るい/
仕組みを考えながら好奇心を満たす/
大人に否定されなかった好奇心
人生を変えた「鉛筆転がし」
「イメージとマテリアルの中間」に何があるのか/
この世の中からゲートをなくす技術/
世の中の「継ぎ目」をなくしたい/
「WOW!」を生み出すにはどうすればよいか/

● エピローグ エジソンはメディアアーティストだと思う
社会に自分の価値を認めさせる/
人間とコンピュータが親和した先に生まれる文化/
インターネットと人間の区別がつかない時代/

 

 

You may also like...