スマホは使うもの。スマホに使われてはいけない!?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【これまでのあらすじ】

遂に、人生初のジム通いがスタート。身体を絞りたいという想いとは裏腹に、お腹いっぱいのまぜそばを食べ、美味しいお団子を頬張り、夜食にお土産のたこ焼き&お好み焼きを摘んでしまうという、美味しいものの誘惑に勝てない自分が笑えるなぁ~と思う今日この頃。果たして、60日間でイメージ通りの体型を手に入れることはできるのか!?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

こんばんわ。

昨日の東京の最高気温が12.6℃だったという事実。とても2月とは思えない暖かさでしたね。私の実家がある鶴居村は、最高気温-1.5℃、最低気温-20.2℃だったようで、同じ日本でもここまで違うのか~と考え深いです。

本日は2月3日、節分。

昨日に引き続き、今日の東京も、とても暖かい日でしたね。もう冬が終わり、春がやってくるんじゃないかという錯覚になりそうです。そんな中、驚きのニュースです。

【インフル患者、過去最多 全都道府県で警報レベル】

厚生労働省は1日、1月21~27日の1週間に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり57.09人だったと発表した。昨シーズンのピークだった54.33人を上回り、1999年の調査開始以来、最多。全都道府県で警報を出す基準(30人超)となった。全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数は推計約222万6千人で前週を約10万人上回った。流行拡大が続く中、厚労省は最大限の警戒を呼びかけている。

(出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4078048001022019EA1000/)

ということですので、皆様、どうぞお気をつけください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スマホを使ってもいいが、スマホに使われてはいけない!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな記事を見つけました。

【スマホを物理的に封じるポーチが高校に導入される、集中するのに役立つという報告も】

ネット中毒の少年少女を強制収容・更正させるブートキャンプ(https://gigazine.net/news/20160108-internet-addict-bootcamp/)が存在するほど、少年少女たちのスマートフォン依存は問題視されています。スマートフォンの存在によって現実世界のやりとりが中断させられたり、集中力が欠けたりするのを防ぐべく、スマートフォンへのアクセスを物理的にシャットダウンするポーチを導入した高校が話題となっています。

(出典:https://gigazine.net/news/20190201-school-ban-phones-for-concentration/)

なるほどー!

いつでもインターネットを利用できる環境があることは良いとは思うのですが、それゆえに、「今ここ」の現実世界で過ごす時間に集中できない人が増えてきているのかもしれません。

以前、ブログでも紹介していますが、臨床心理学者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)科学技術社会論の教授でもあるシェリー・タークル氏の「つながっていても孤独?」のTEDは必見です!

シェリー・タークル氏の著書「一緒にいてもスマホ ―SNSとFTF―」(https://amzn.to/2DRKYaM)は、急激に広まったスマートフォン社会における、親子、友人、恋人同士の関係性。家庭、学校、職場でいま起きている問題を豊富なインタビューをもとに分析し、便利さと引き換えに失ったものを提言しているので、興味のある方は読んでみてください♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

因はスマホや携帯ゲーム?小学生・高校生の視力が過去最低に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スマホの影響っていろいろあるよなぁ~と検索していたらこんな記事を見つけました。

平成30年度学校保健統計調査(出典:http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/kekka/k_detail/1411711.htm)で、日本の小学生および中学生の裸眼視力における1.0未満の割合が、過去最高になったと、文部科学省が報告しました。

2018年4~6月にかけて実施した全国の幼稚園児から高校生までの健康診断の結果に基づくデータをまとめた、平成30年度学校保健統計調査速報値によると、小学生の約34.1%、高校生ではなんと約67.1%が、裸眼視力1.0未満だったとのこと。中学生は2017年度の数値より若干改善したとはいえ、それでも約56%が裸眼視力1.0未満となっており、全体的に視力が低下傾向であることに変わりはありません。この結果に対して、文部科学省は専門家の意見として「スマートフォンや携帯型ゲーム機の画面を眺めて過ごす時間が増えたこと」が影響しているようだとコメントしています。

こうした場面でも、スマホの使いすぎには注意したいものですね。と書きながらも、これを読んでいただいている方は、スマホかPCで読んでいただいていると思うので、読み終わったら一度画面から目を話し、遠くを眺めてください(笑)

スマートフォンは僕らのライフスタイルを快適にしてくれるために使うものです。くれぐれもスマートフォンに使われないよう注意したいものですね。(自分への戒めとして書いていますw)